B型肝炎の治療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

注射B型肝炎と診断された場合、その時の症状に合わせて治療ができます。黄疸が出ている時や検査結果の数値が以上に高い場合は、即入院となる可能性があります。これ以外ではB型肝炎ウイルスに対して作用する注射や内服薬で治療をします。抗ウイルス療法として、インターフェロンを使うのが一般的です。2ヶ月から3ヶ月で自然治癒する事が多いのですが、入院した場合は数値が安定するまで定期的に検査を続けます

一度B型肝炎に感染すると、抗体ができるので再感染のリスクは低くなります。しかしまだ感染していない人は、パートナーが感染している可能性もあるので、予防の意味も兼ねてワクチンを接種しておきましょう。ワクチンは健康保険適用外ですが、感染しても症状が軽く済みます。B型肝炎のワクチンは、時期をずらして計3回接種します。

B型肝炎の感染経路が性行為という事もあって、恥ずかしくて病院に行けないという人もたくさんいます。大抵は2ヶ月から3ヶ月で自然治癒しますが、中には重篤化する人もいます。ネットで検査キットを取り寄せ、自分で採血して検査する事もできます。

検査は匿名で行なえますし、結果は携帯やパソコンからネット上で確認できます。陰性なら安心ですし、もし陽性でもすぐ病院に行って治療を受ければ治す事ができますし、人に感染させる事もありません。

B型肝炎になると、どうなるか

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎に感染すると、潜伏期間を経て症状が出てきます。潜伏期間は個人差があるものの、だいたい1ヶ月から2ヶ月です。症状は性別に関係なく、全身の倦怠感、食欲低下、発熱、黄疸、尿の色が濃くなるなどがあります。黄疸は白目の部分だけでなく、体全体にも出ます。

しかし症状が出るのは感染患者の3分の1にすぎません。残りの3分の2は自覚症状がないため、気づきません。中にはそのまま自然に治る人もいますが、治らない場合は肝炎が進行してしまい、最終的には肝臓が機能しなくなるため、肝臓移植をしないと死亡率が高まります。劇症肝炎の場合死亡率は60%から70%と非常に高い数字になります。

交わる二人性行為をする時は、コンドームを使用するか、安易にしないなど自分で予防するしかありません。知らずに感染している事もあり、さらに知らずにパートナー同士で移し合う事もあるので、思い当たる場合は早めに病院に行って検査を受けましょう。潜伏期間中は検査結果にばらつきがありますので、一度の検査で安心せず、1ヶ月から2ヶ月後に再検査を受けておくと安心です。

検査は血液検査でもわかりますが、臨床診断をする事もあります。病院で検査を受ければすぐにわかりますし、健康保険が適用されれば費用も安く済みます。ただし健康保険に関しては病院による違いがありますので確認しておきましょう。

B型肝炎の基本知識

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎という病名を知っていても、どういう病気でどんな症状が出るのかまで知っている人は少ないでしょう。ここではB型肝炎がどういう病気で、どんな経路で感染するのか、どうすれば防げるのか、かかってしまった場合の対処法などを紹介します。

病院まずB型肝炎というのは、「B型肝炎ウイルス」に感染して起こります。感染すると肝臓の細胞が破壊されていくので、徐々に機能が低下して行きます。ただしB型肝炎には急性と慢性があり、急性肝炎の場合は早期に適切な治療をすれば、完治させる事もできます。慢性肝炎になると、治療が難しく、肝硬変や肝臓ガンに発展するリスクが高くなります。

B型肝炎ウイルスは、性行為で感染します。感染者の唾液にもウイルスは含まれていますが、同じコップで飲み物を飲む程度では感染せず、ほとんどが血液や粘膜を介しての感染です。海外で性行為を行い感染するケースが多いと言われています。また、集団予防接種の注射器の使いまわしにより、多く方が感染になってしまいました。この場合は、国へと訴訟をすれば給付金をもらえるようになっております。

B型肝炎に感染しても、潜伏期間があり、さらに個人差があるため発症までに1ヶ月から2ヶ月かかります。その間に知らずに他の人に感染させてしまう事や、感染する事もあるので、安易な性行為をしない事が大切です。

B型肝炎ウイルスはとても感染力が高いウイルスで、その威力はエイズよりも強いと言われています。世界中に3億5千万人の感染者がいると言われており、日本だけでも130万人以上が感染していると考えられています。ただし日本の場合は母子感染が多いため、妊娠検査により母子感染は防げます。

関連サイト / 弁護士法人アディーレ_B型肝炎訴訟