B型肝炎の基本知識

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

B型肝炎という病名を知っていても、どういう病気でどんな症状が出るのかまで知っている人は少ないでしょう。ここではB型肝炎がどういう病気で、どんな経路で感染するのか、どうすれば防げるのか、かかってしまった場合の対処法などを紹介します。

病院まずB型肝炎というのは、「B型肝炎ウイルス」に感染して起こります。感染すると肝臓の細胞が破壊されていくので、徐々に機能が低下して行きます。ただしB型肝炎には急性と慢性があり、急性肝炎の場合は早期に適切な治療をすれば、完治させる事もできます。慢性肝炎になると、治療が難しく、肝硬変や肝臓ガンに発展するリスクが高くなります。

B型肝炎ウイルスは、性行為で感染します。感染者の唾液にもウイルスは含まれていますが、同じコップで飲み物を飲む程度では感染せず、ほとんどが血液や粘膜を介しての感染です。海外で性行為を行い感染するケースが多いと言われています。また、集団予防接種の注射器の使いまわしにより、多く方が感染になってしまいました。この場合は、国へと訴訟をすれば給付金をもらえるようになっております。

B型肝炎に感染しても、潜伏期間があり、さらに個人差があるため発症までに1ヶ月から2ヶ月かかります。その間に知らずに他の人に感染させてしまう事や、感染する事もあるので、安易な性行為をしない事が大切です。

B型肝炎ウイルスはとても感染力が高いウイルスで、その威力はエイズよりも強いと言われています。世界中に3億5千万人の感染者がいると言われており、日本だけでも130万人以上が感染していると考えられています。ただし日本の場合は母子感染が多いため、妊娠検査により母子感染は防げます。

関連サイト / 弁護士法人アディーレ_B型肝炎訴訟