B型肝炎の治療

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

注射B型肝炎と診断された場合、その時の症状に合わせて治療ができます。黄疸が出ている時や検査結果の数値が以上に高い場合は、即入院となる可能性があります。これ以外ではB型肝炎ウイルスに対して作用する注射や内服薬で治療をします。抗ウイルス療法として、インターフェロンを使うのが一般的です。2ヶ月から3ヶ月で自然治癒する事が多いのですが、入院した場合は数値が安定するまで定期的に検査を続けます

一度B型肝炎に感染すると、抗体ができるので再感染のリスクは低くなります。しかしまだ感染していない人は、パートナーが感染している可能性もあるので、予防の意味も兼ねてワクチンを接種しておきましょう。ワクチンは健康保険適用外ですが、感染しても症状が軽く済みます。B型肝炎のワクチンは、時期をずらして計3回接種します。

B型肝炎の感染経路が性行為という事もあって、恥ずかしくて病院に行けないという人もたくさんいます。大抵は2ヶ月から3ヶ月で自然治癒しますが、中には重篤化する人もいます。ネットで検査キットを取り寄せ、自分で採血して検査する事もできます。

検査は匿名で行なえますし、結果は携帯やパソコンからネット上で確認できます。陰性なら安心ですし、もし陽性でもすぐ病院に行って治療を受ければ治す事ができますし、人に感染させる事もありません。